痔にとって、最もよくないことは?

痔にとって一番よくないのは?

痔の根本的な原因は「うっ血」です。

 

うっ血とは、排便時に力んだり、長時間座りっぱなしなどの生活習慣が原因で、毛細血管の血の巡りが悪くなる状態です。

 

痔獄からの解放,口コミ,やり方,痔,原因,便秘,下痢,うっ血

この「うっ血」を改善しないと痔が完治させることは難しいので、薬や手術を行っても再発を繰り返す危険性が高いことがおわかりいただけると思います。

 

自分の生活を見直して、こういった要因をできるだけなくしていく必要があるのですが、中でも見直したいのが、”便秘”です。

 

便秘は痔の大敵です。便がなかなか出にくいために、トイレにいる時間が長くなり、必要以上にいきまなければなりません。

 

いきむことで、肛門周辺の毛細血管に負担をかけ、うっ血するために痔核ができたり、肛門周囲の皮膚が切れて裂肛になったりします。さらに、硬い便が肛門の粘膜を傷つけることで、それが痔の原因になったりします。便は、強いアルカリ性の老廃物です。便秘によって肛門が傷つけられると、そこから細菌が入って炎症を起こすのです。

 

便秘は、正しい生活習慣や食生活を気をつけることで治せる場合がほとんどなので、普段の生活を見つめなおすことが必要です。

下痢も痔にとってはよくない!?

では、下痢ならば肛門周辺の皮膚を傷つけることもないだろうと考えがちですが、下痢でも痔の原因になります。

 

痔獄からの解放,口コミ,やり方,痔,原因,便秘,下痢,うっ血

とくに、水のような便や慢性的な下痢は、肛門に圧力をかけることになり、肛門の粘膜の炎症を起こしやすくします。そのために、痔核や裂肛、さらには痔瘻が起こりやすくなります。

 

下痢は、冷えや食べすぎに注意することで改善できます。また、ストレスでも下痢になりやすいので、できるだけストレスケアをしてあげるようにしましょう。

 

また、肛門から出血した場合に痔と思いがちですが、まれに大腸がんだったというケースもあるようです。

 

症状は痔と似ているのですが、他にも大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎などの別の病気も考えられるので、急に便の出かたが変わった場合は、早めに専門医に見てもらう必要もあります。

痔は男性特有の病気ではない!

「痔」というと、なんとなく男性、しかも「おじさん」の病気というイメージもありますが、じつは、産後の痔に悩んでいる女性も多いのです。

 

育児用品のピジョンの調査によれば、産後「痔」になった女性は43%、もともと痔だった方を加えると、およそ6割のママが痔に悩んでいるといいます。

 

「痔獄からの解放」は、整体師である蓑田知幸さんが独自に開発したエクササイズを1日1分程度実践し、生活習慣や食生活を見直すことで、数日から1週間程度で自分で、自宅で痔を克服する方法なので、男女兼用です。

 

男性でも同じですが、特に女性の場合は肛門を見られるというのは、本当に恥ずかしいものです。

 

また、手術するとなると高額なうえに1週間程度、仕事を休む必要があるため、会社に理由を告げなくてはなりません。
しかも、うっ血する原因を解決していないので再発する可能性もあるのです。

 

薬を塗るのに同じぐらい時間でできる実践ならば、時間的な負担は少ないはずです。また、生活習慣を改善するため、痔のみならず、身体全体が健康にもなれるのです。

このプログラムは何といっても、第3章の「一日一分で出来る! 痔解消エクササイズ」です。

 

残念ながら、プログラムの核となりますのでモザイク処理をさせていただきましたが、 寝たままで実践できる、本当に簡単なエクササイズです。

 

痔獄からの解放,口コミ,やり方,痔,原因,便秘,下痢,うっ血

 

「これだけでいいの?」と思うほど簡単ですが、簡単だからこそ毎日実践するのが苦になりませんし、たったそれだけのことを知っているだけで、今の辛さや痛みから解放されてしまうのですね。

 

もう一つ、このプログラムの重要な点は、ストレスケアです。生活習慣や食生活を見直すことは、インターネットで調べればある程度分かるかもしれませんが、目に見えないストレスを解消する方法まで解説されています。

 

これは、蓑田知幸さん自身がⅣ度の痔を克服した経験と、整体師の知識を駆使した、この教材ならではのものです。

再発しないようにするには?

第4章の「痔を再発しないための予防策」は、痔の再発防止や健康管理のために重要な項目です。

 

痔獄からの解放,口コミ,やり方,痔,原因,便秘,下痢,うっ血

 

「痔獄からの開放」の第3章までは、エクササイズをはじめとして、痔を解消するためのノウハウを学習してきました。最後は、再発させないためのノウハウが解説されています。

 

とくに注目したいのが”ストレス”の対策法です。

 

実は、私も痔になったときに恥ずかしさを押して病院を訪れたのですが、完全に原因はわからず、”ストレス”ではないかと診断されました。そして、自分の中で思い当たるフシといえば、就職して一挙に環境がかかり、精神的にプレッシャーがかかっている点だけでした。

 

自分の痔の原因がわからないということで、ネットでこのプログラムに出会い、今は完治しましたが、教材の中身を見て「ストレスがそんなに自分の体をいじめていたのか。」と痛感しました。

 

現代社会において完全にストレスフリーになることは不可能です。ストレスを溜め込まないためには自分で解消することが望ましいのですが、運動するとか音楽を聞くなどの一般的方法ではなく、蓑田知幸さんが東洋医学の専門家の立場から、自分の手でストレスを軽減する方法を説明してくれています。

 

たった1分だから、辛かったり続かないこともないんです。

 

バナー